帰宅後のすきま時間で株主優待をノーリスクでゲット「つなぎ売り」

株主優待ってご存知ですか?

毎年3月や9月を中心に株主優待というキーワードが耳にする機会が多いのではないでしょうか。

「株主優待ってなに?」と思われる方も多いと思いますが、「株主優待」とは、ある日(これが重要)に株式を持っている株主さんに自社製品の利用クーポンや自社製品の詰め合わせをプレゼントするというサービスです。

企業によっては驚くほどお得な優待を提供しているところもあります。

株主優待を実施している企業は人気

株主優待は株主(特に個人の株主)を増やしたい企業が幅広く、安定的に株式を持ってもらいたいと考え実施しているので、これを目的に株式投資をやっている方も増えているようです。

株主優待は全企業がやっている訳ではありませんが、「株主優待を新たにはじめるよ~」と発表した企業は人気になり株価があがる傾向があります。

ポイントはある日にお目当て企業の株式を保有するだけ

株式を長く持っていると株価の変動で損をしたり、急に資金が必要になったりするかもしれないので関係ないと思われている方が多いと思います。

しかし、実は簡単なんです。

株主優待を手に入れるためにはある日「権利付最終売買日」に株式を保有した状態で、ある日「権利付最終売買日」の15:00を迎えるだけなんです。

要するに1年間株を保有していなくても「権利付き最終売買日」とその翌日の最低2日間だけ株式を持っていれば魅力的な株主優待をゲットできることになります。

知っている投資家はやっている「つなぎ売り」

でも、株式ですから株価は変動します。特に魅力的な株主優待銘柄の企業は、「権利付最終売買日」に向けて株価が上がる傾向にあります。

優待だけ欲しい投資家は、「権利付最終売買日」の翌日に売ってしまおうと思う訳です。なので、株価が下がる傾向にあります。

せっかく株主優待をゲットしても、株価の下落で思わぬ損をしてしまうと目を当てられません。

でも、株価変動をうまく抑える方法があります。それが「つなぎ売り」という方法なんです。

つなぎ売りをやるための準備

つなぎ売りには信用取引口座が必要です。

証券会社に信用取引口座を作っておく。それだけでOK

もちろん買いたい銘柄が買える現金+αが必要です。

つなぎ売りの方法

魅力的な優待銘柄を見つけたら、一番シンプルな方法として、「権利付最終売買日」までにその企業の現物株式を買って、それと同数の株数を信用取引で売るだけです。

注文をいれるタイミングは、権利付最終売買日」の午前9時の寄付の前まで。注文は「成行」でいれます。

寄付だけは売り買いが同数、同一値段で売買が成立するまで値段がつかないので、値段がぶれることがないんです。

現物株式の買いと、信用取引の売りをもったまま「権利付最終売買日」の午後3時を迎える。

権利付最終日の夜以降に信用取引を品渡し(現渡ともいう)をして決済すれば完了です。※株主優待がもらえます。

要は、「権利付最終売買日」の午後3時〆で株主名簿が作成されるから、その一瞬をまたげれば権利確定なのです。

権利付最終日は企業の決算日の4営業日前なので注意。

今年の9月の権利付最終日は9月26日(火)。月末決算銘柄でも株式は受け渡し期間が4営業日かかるので、9月30日決算(今年は土曜日ですが)の場合は9月の最終営業日(9月29日金曜日)の4日前が権利付最終日となります。

仕事が終わった夜の時間や土日のすきま時間でかんたんにできます。

注文を入力するのは、取引所が開いていない時間でOK。夜や土日でもいいんです。寄付の成行注文なんですから取引所が開いていない時間がいいですね。

今年は土日の9月23日~9月24日などがねらい目。「権利付最終売買日」までに注文すればいいんですから9月25日(月)の寄付で売買するように注文をいれれば問題ありません。

簡単なので是非やってみてください。

色々と小難しいことは記載しませんが、まずはやってみてください。

株主優待を手にするとうれしいですよ。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください