日経平均

日経平均15連騰 どこまで上がりつづけるのか

10月23日(月)台風直下の日本列島で日経平均は戦後新記録となる15連騰となりました。

株式相場でまことしやかに選挙までは高いと言われます。

今回も10月22日(日)の衆議院議員選挙に向け、株式市場は高くなりました。9月下旬に衆議院解散の話が出て、小池都知事が新党「希望の党」を立ち上げ、民進党が「希望の党」に合流など9月後半から初旬は「アベノミクス」終焉かとの心配も駆け巡りましたが、終わってみれば自民党圧勝。市場の予想通りとなりました。

外部環境では

北朝鮮の強硬路線膠着(10月はミサイル発射、核実験はなし)

米国の予算案通過(法人税減税真実味)

など、懸念されていた材料も結局はなにもなく通過。

為替相場もドル売一辺倒の流れがこの10月に転換したこともあり、株式が買われる流れが続いています。

高値警戒を無視するかのような上昇

日経平均は高値を更新していますが、実際のところは、上がった銘柄と下がった銘柄の数字を比べていみると15日間でほとんどの日が下がった銘柄の方が多いという異常な状況です。

今日はさすがに上がった銘柄が8割でしたが、中小型株が上がって個人投資家が好む(アルゴリズム取引があまりはいっていない)マザース株やジャスダック株などは今年の高値は7月につけているので、10月は鳴かず飛ばずです。

日経平均だけ上がっているんですよね。

今日は衆議院選挙の自民党圧勝という材料がありましたが、先週などは無理やり指数だけ上げている状況でした。

外資系証券会社などの手口が目立っていますが、資金がどこまで潤沢にあるのかと疑問に思えます。

個人投資家の売りも一巡してくるところで、一度大きく上げたタイミングが目先最後の上げになる可能性もあります。

ただし、世界的には金利上昇により債券価格が下落し、債券投資が見送られる中、株式が選好されるながれはしばらく続きそうですから、明日、明後日に暴落のような下落がくると予想している訳ではありません。

 

 

騰落レシオが高値を付けているあとの上昇

市場関係者の中にも騰落レシオが高値を付けた後にさらに高値をつけている日経平均に違和感を覚えている方も多いようです。

昨年もトランプ大統領の当選で、ドル円相場で101円→118円の円安に動く中、ドルインデックスがあまり上がらないという状況が発生しました。その後は為替相場をやっている方はご存知の通り、ドル円は半値水準の107円台まで調整、ユーロドルはユーロ買いが進むなど、その頃とは逆の動きとなりました。

長い目で異常な力が働いた場合は必ず調整されます。みなさんも違和感が発生していることを念頭に相場をみていってください。

日経平均終値2万0881円 21年ぶりの高値更新でどうなる 

日経平均が高値更新

10月11日、日経平均が21年ぶりの高値を更新しました。

アベノミクスが始まって2015年2年間超えられなかった終値ベースの20,868円を超えて20,881円で取引終了。この2年間、超えそうで超えなかった数値です。

途中、チャイナショックやブレクジットなどもあり、15,000円を割り込むこともありましたが、晴れてこの日を迎えました。

ですが、いまいち過熱感がありません。

本日は売買代金もあまり増えてなく、活況といわれる3兆円には遠く及ばず、2兆円そこそこ。

日経平均が高値更新しているのに、株式全体だと値上がり銘柄数より値下がり銘柄の方が多いという不思議な感じです。

 

日経平均の高値更新は単なる通過点か。

市場関係者のコメントを読んでいると、目先21,500~22,000円を目指す動きの途上であるため、盛り上がらなくとも問題ないという発言が目立ちます。

確かにまだ北朝鮮リスクは継続しており、衆議院総選挙前、また企業の第2四半期決算発表が10月中旬から始まることを考えると「お祭り」のように買うのもどうだか、、、ということだろうか。

2015年6月と2017年10月で大きく異なることは

今日更新した高値は2015年6月につけた20,868円。当時と今では為替の水準が大きくことなります。2015年当時のドル円レートは123円台でしたが、今は当時より10円以上円高水準なんです。円高水準にも関わらず、企業業績が好調で、今の水準でもPERは14倍台。他国と比べてもまだ割安といっていい水準なんです。円高にも関わらず、16年度の法人企業統計では経常利益が前年比9.9%増。今年(17年)度もさらに伸びる見通しですから、もし為替が大きく円安に動くようなことがあれば、さらに上昇が期待できるんですよね。

私の意見としては

北朝鮮リスクについては依然として警戒が必要であるが、衆議院選挙については波乱なく自公連立が続きそうであるし、企業の決算についても、為替水準が想定為替レートの中心である1ドル=110円を超えており好決算が見込まれる。ということを考えると私は十分に買えるタイミングにあるように思えてならないのです。

そろそろ株式市場に関心が向くことを期待して、勝負してみるのも面白いタイミングかもしれません。

なんせニュースなどで取り上げられる機会が増えそうですしね。

ちなみに私は買い推奨しているわけではございませんので、投資は自己判断で何卒よろしくお願いします。