日本郵政株式PO 第二次売出価格決定1322円 どうする

9/26(月)に日本郵政の売出価格が決定しました。

価格は1,322円。9/26(月)の終値1,349円の2%ディスカウント価格です。

意外と強気ですね。

ブックビルディングは2%~4%のディスカウント価格での入札でしたが、最高値の2%ディスカウントで決まったことになります。

それにしても9月末前の駆け込み決定のようにも感じました。

POの前評判は販売苦戦との噂も

証券会社からの営業電話やeメール、HPでのバナーの数など、1兆3,000億円の売り出し規模でしたから証券会社も必死だったんでしょうね。

人気がある銘柄などは、楽に販売できるのですが、証券会社の必死さを見ると苦戦しているのではないかと噂されていました。

しかし、フタを開けてみると2%ディスカウントと強気の株価となったようです。

募集のめどがついているということでしょうか。もし売れ残りがでたら証券会社が抱えなければならないので大ごとです。

例えば1割売れ残って、1割でも株価が下がると1兆3000億円×10%×10%で130億円の赤字になってしまいます。まあきれいに販売できる自信があるんでしょうね。

売れ残りがでなければ、投げ売りなんてでないでしょうから、少しは値上がりする期待ももてそうです。

日本郵政の株価推移

チャートは日本郵政が上場してから本日(2017/9/25)のチャートです。(ヤフーファイナンスさんのチャート)

2015年11月の上場当時は、公募価格1,400円に対して、初値が1,631円(+231円)をつけ、公募価格比で実に「+16.5%」と想定以上に好調な滑り出しでした。

その後公募価格割れとなり、なかなか1,600円を回復できずに1,200~1,600円の間を推移していたわけです。

過去の株価推移を見てみるとちょうど13週移動平均や26週移動平均を少し下回った水準なので、本日9/25の終値1,349円という株価は過熱した株価ではなさそうです。

日本郵政株式は配当利回りが高い

将来性は低いし、オーストラリアの物流会社の巨額の減損損失といいところがない日本郵政株式ですが、予定配当は年間50円(中間25円、期末25円)

業績は厳しいが配当に魅力ある株式と私は思っています。9/25の終値1,349円で計算すると3.7%の配当利回りになります。

短期的に儲かりたい方にはお勧めできませんが、長期的な保有で配当金を多く受け取りたいと考えている投資家さんに取っては投資してみてもいいかもしれませんね。

9/25に売却価格が決定したので、平成29年9月の中間配当25円はゲットできるようです。ただし9/27(水)は権利落ち日となって9/26(火)の株価が自動的にマイナス25円から始まりますので、見た目は損したように感じるかもしれませんが、配当金を払う株式は全部同じですので、心配はいらないでしょう。

恥ずかしながら私の話(わたしはこうします)

私も日本郵政株式のブックビルディングに少額ながら参加しました。当選しているようなのでNISA口座で長期保有しようと考えております。

配当金も高めですし、最安値も1,200円近辺ですので値下がりリスクも限定的な印象です。国策企業なので安倍政権にも期待ですかね。

あくまで一投資家としての投資判断なので参考にされるかは皆さんの判断でお願いします。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください