いまさら聞けない注文方法「IFO」「Uターン+W指値」

新規注文と決済注文2パターンを同時に出すことができます。この注文方法がマスターできれば、利食いもストップロスも自由自在に注文できるのですきま時間での取引に役立つこと間違いありません。私も「IFO」注文はよく利用しています。

一回でできる究極の注文方法

この注文を使う場合に決めるポイントは買いの場合「エントリー価格(新規購入価格)」「利食い価格(売却価格)」「ロスカット価格(売却価格)」の3つです。

例えばドル円の注文で円安に動くと予想していたとして、エントリー価格を100円、利食い価格を105円、ロスカット価格を95円とすると以下の3つの注文を同時に出します。

【1】1ドル=100円(エントリー価格)で買いの新規指値注文
【2-1】新規注文が約定した場合を想定して、1ドル105円の利食い価格の決済指値注文
【2-2】新規注文が約定した場合を想定して、1ドル90円のロスカット価格のためのストップロス逆指値注文

100円で購入したあと、1ドル105円になれば、【2-1】の指値注文が発動し、利益を確定させ取引を終了させます。1ドル90円になると、【2-2】のストップ注文が発動し、損切りをして取引を終了させます。

これを自動でやってくれるのが「IFO」注文です。

下手な感情が入らない分、利益を伸ばすことができるかもしれません。

普通に相場をみていると儲かっている時などは早く利食いをしたくなります。逆に損をしていると戻るのではないかと「ストップロス」価格をキャンセルして損を拡大させてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。いったんポジションを持ってしまうと目の前で「1万円増えた」や「1万円減った」が見えてしまうと冷静な判断をできなくなってしまいます。
客観的な目線で相場が見られなくなってしまう訳です。相場を客観的に見れるのは「エントリー価格」「利食い価格」「ロスカット価格」を決めた時が一番だったんじゃないでしょうか。突発的なニュースや相場変動がなければ自動的に発注してくれる「IFO」注文に任せた方が私は成績が良いです。

FX取引では一般的だが株式取引では発注が面倒

FX会社が提供している「IFO」注文は1画面または2画面で3つの注文を入れることができますが、株式取引ができる証券会社ではちょっと注文入力が面倒です。

株式で「IFO」注文ができる証券会社としてはカブドットコム証券がありますが、2つの注文方法を組み合わせる必要があります。

それは「Uターン注文」+「W指値注文」です。

注文の流れ

【1】「Uターン注文」で「エントリー価格」で新規指値注文(逆指値でも可)
【2】「Uターン注文」の返済画面で「W指値注文」を指定する。
【3】「W指値注文」に「利食い価格(指値)」「ロスカット価格(逆指値)」を入力し確定

という流れで注文がだせます。

FX取引でもし眠くなったら「IFO」注文

FXでNYタイムは相場が動きます。しかし日本人にとっては睡眠時間の真っただ中。相場は上がりそうだけど「経済指標の発表が朝4時」なんてこともあります。

そういう場合には「IFO」注文でしっかり利食い、しっかり損切り注文を出しておくことが重要でしょう。

朝起きたら資金が増えているか、減っているかは神のみぞしるですが、、、

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください