まずはこのサービスを活用しよう

非課税制度「つみたてNISA」「NISA」を徹底比較

2018年から投資で得た利益の税金が「ゼロ」となる新たな非課税制度「つみたてNISA」がスタートします。

「NISA」(少額投資非課税制度)に続き、新たな非課税制度がスタートします。

その名も「つみたてNISA」。制度自体は若者などのこれから資産増やしていく資産形成層をターゲットにしている制度で、投資方法が積立のみで、年間投資額が上限40万円や非課税保有期間が20年間という仕組になっています。

また投資対象商品も金融庁が決めています。長期間のつみたてに適するように、販売手数料や信託報酬などのコストが抑えられている商品が選ばれています。

国いよいよ本気になって若い人たちの資産形成を応援していく姿勢が表れていると思います。

リスクを取らないと資産なんて増えないと国が言っているようなもの

日本の場合個人金融資産は1600~1800兆円といわれていますが、大半は高齢者が持っています。働く世代はなかなか資産形成できないのが現実ですから、どんどん応援してもらいたいところです。

以下は世帯主年齢層別の平均貯蓄額(前回国政調査2014年版)です。

これをみてもわかるように、働いている現役世代は共働きしていたとしてもなかなか資産をつくれていないのが現実。

以前はマル優や特別マル優など、貯蓄促進のための税制優遇制度がありましたが、今は廃止されています。

「NISA」や「つみたてNISA」は低金利時代には銀行預金や貯金ではなく、個々人がリスクを取って資産を増やせという昔とは違った商品選択になっているのが、時代を表していると思います。

低金利(今はゼロ金利ですが)ではリスクを取らずにお金なんて増えないよと国が教えてくれているような気がしてなりません。

「NISA」や「つみたてNISA」以外で投資すると儲けた時だけ約20%の税金を儲かった金額から徴収されてしまいますので、この制度は使わないともったいない制度なのです。

「NISA」「つみたてNISA」を徹底比較

続きを読む

FXをはじめるなら無料で学べるおすすめアプリベスト5

まずはすきま時間でFXの勉強やデモトレードでアプリを試してみましょう。

サラリーマなのにFX取引をやっている方が増えています。中には月に100万円以上も稼いでいるなんて人もいるそうです。

もちろん本業のサラリーマンは真面目に勤めていて、通勤や昼休みとか、帰宅した後2~3時間のすきま時間で取引されているようですね。

でも、FXという商品はゼロサム商品といって誰かが勝てば誰かが負けるというもの。ある程度知識やテクニックが必要です。

勉強料といって、実際に小さい資金で取引する方法もありますが、まずはデモトレードから始めることをお勧めします。

FX会社や情報サイトが自社のサービスや広告収入を得るために無料のアプリを多く提供しています。使わない手はありませんよね。

すきま時間でトレードするためにもすきま時間で勉強やデモトレードで自信をつけてから始めましょう。

おすすめのFXの学習アプリ2つ、デモトレードアプリ1つ、ゲーム感覚のアプリ1つと、最近話題のビットコイン学習アプリ1つの計5つを紹介させていただきます。

FXの学習アプリ2つ

サルでもわかるFX 

MONKEY MAGIC inc.という会社が提供しているアプリです。

「なんだか難しそうなFXを7日でサクッと理解しちゃおう。
1日に使う時間、たったの10~15分でFXを始めるのに必要な知識を得られます。」

という紹介がされていますが、サクッと1日でも読める量です。

 

FXの知識や用語集などがまとまっていてはじめての方でもわかりやすいのではないでしょうか。

このアプリがあればFXの本を勉強する必要はなさそうです。辞書代わりにいつでも見られるようにしておくのがいいかもしれませんね。

一部のFX会社を宣伝しているので、そこは注意してください(悪い会社さんじゃないので口座開設していいかもしれませんが、、、)

LINE登録でサポートもしてくれているようです。

(インストール)Google Play → サルでもわかるFX

FX1年生~初心者向け学習アプリ~

Advan K.K.という会社が提供しているアプリです。

「一般のFX初心者に、誰よりも近い目線で指導が出来るFX講師が監修したアプリ!
ゼロから学ぶFX基礎セミナー。基礎知識を付けてFXを始めよう!
初心者でもFXを7日間でマスター!」

と紹介されていますが、こちらも読みやすくサラっと1日で読めてしまいます。

全体的な印象としては、あまりレバレッジをかけずにコツコツとFXを副業感覚でやることを勧めている内容ですね。

一攫千金というよりキャリートレード(外貨預金のようにスワップをとっていく)などもしっかり紹介されています。

タイプ別でFX会社を進めるクエスチョネアがありますが、まあ参考程度にすればいいと思います。

このアプリもLINEでサポートしているので興味があれば友達追加してみてはいかがでしょうか。

(インストール)Google Play → FX1年生~初心者向け学習アプリ~

FXのデモトレードアプリ

続きを読む

銘柄選びの悩みを解消 スマホで簡単無料アプリの「株テーマ」

株式投資での悩みどころは銘柄選び

あなたが株式の投資をはじめようと思ったとき、まず悩むところは「どの株式」に投資しようかなと考えるのではないでしょうか。

銘柄選びは成功のカギです。株式投資は人気投票のようなものです。注目されていない銘柄の値上がりはあまり期待できませんよね。

今、どんな銘柄が注目されているのか。これがわかると成功の近道になります。

投資する株式選びはテーマから、テーマで株を見つける

株式の銘柄選びではよく、「森をみて、林をみて、木を見るける」とよくアドバイスされる方が多いです。

まずは、森=どのようなテーマ がわかると銘柄選びがかなり楽になると思いませんか。

特に現在は、SNSなどの利用者が増え、なにかに注目が集まると話題が集中する傾向にあります。

今SNSで話題になっているテーマからアプローチしていくと銘柄選びがぐんと楽になります。

特別な知識は必要ありません。SNSで話題になっているテーマはスマホのアプリで簡単に手に入れることができます。

無料の株式アプリ「PICKUP 株テーマ」

続きを読む

証券会社は儲からないNISA口座を開設しましょう

NISA口座は開設しておきましょう

NISA口座ってご存知ですか? もうお持ちならこの記事は読み飛ばしていただいて結構ですが、これから資産運用で株式や投資信託での運用をかんがえていらっしゃる方なら是非NISA口座を開設してください。

NISA口座とは

1年間で最大120万円までの投資金額(購入金額)で、株式や投資信託などで得た配当金や売買益の税金がかからなくなる非課税投資枠なんです。

通常、証券会社や銀行で口座を作って株式や投資信託を購入できますが、もし利益が出た場合は約20%の税金がかかります。ですが、NISA口座で年間最大120万円まではいくら儲かっても税金がかからないので、利益は総取りなんです。もちろん確定申告もいりません。

期間は5年間(ということは1年120万円×5年なので600万円までの投資金額の配当や売買益が非課税ということになりますね)

NISA口座は非課税投資枠120万円を使わないともったいないか。

読者の方も年間120万円なんて株式や投資信託に投資しないので必要ないと思うかもしれませんが、無理に120万円を使う必要なんてないんです。

配当金や売買益をもらえる自信がなければ使わなくてOKです。投資したい時に使えばいいんです。

ちなみに、私のいた会社でのNISA口座の利用率は全NISA口座の半分非課税枠の利用率は60~70%でした。

NISA口座の開設は時間がかかる

今、投資したいと思っていなくても将来投資したいな~と思うこともあるでしょう。でもNISA口座の開設には2~3週間はかかると思ってください。

せっかく、配当金や売買益をもらえる銘柄に出会えてもNISA口座で買うことが手遅れ~という場面をいっぱい見てきました。

例えば昨年の2015年に郵政3社(日本郵便、かんぽ、ゆうちょ銀行)が新規上場した時など、NISA口座での購入希望者が多かったのに、NISA口座の開設が間に合わずに使えなかった方が大半でした。

もしNISA口座をお持ちでなければ、今お使いの証券会社(投資信託だけなら銀行でもOK)に相談されることをお勧めします。

ほとんどの証券会社社員はNISA口座を使っている

続きを読む