2017年 10月 の投稿一覧

日経平均15連騰 どこまで上がりつづけるのか

10月23日(月)台風直下の日本列島で日経平均は戦後新記録となる15連騰となりました。

株式相場でまことしやかに選挙までは高いと言われます。

今回も10月22日(日)の衆議院議員選挙に向け、株式市場は高くなりました。9月下旬に衆議院解散の話が出て、小池都知事が新党「希望の党」を立ち上げ、民進党が「希望の党」に合流など9月後半から初旬は「アベノミクス」終焉かとの心配も駆け巡りましたが、終わってみれば自民党圧勝。市場の予想通りとなりました。

外部環境では

北朝鮮の強硬路線膠着(10月はミサイル発射、核実験はなし)

米国の予算案通過(法人税減税真実味)

など、懸念されていた材料も結局はなにもなく通過。

為替相場もドル売一辺倒の流れがこの10月に転換したこともあり、株式が買われる流れが続いています。

高値警戒を無視するかのような上昇

日経平均は高値を更新していますが、実際のところは、上がった銘柄と下がった銘柄の数字を比べていみると15日間でほとんどの日が下がった銘柄の方が多いという異常な状況です。

今日はさすがに上がった銘柄が8割でしたが、中小型株が上がって個人投資家が好む(アルゴリズム取引があまりはいっていない)マザース株やジャスダック株などは今年の高値は7月につけているので、10月は鳴かず飛ばずです。

日経平均だけ上がっているんですよね。

今日は衆議院選挙の自民党圧勝という材料がありましたが、先週などは無理やり指数だけ上げている状況でした。

外資系証券会社などの手口が目立っていますが、資金がどこまで潤沢にあるのかと疑問に思えます。

個人投資家の売りも一巡してくるところで、一度大きく上げたタイミングが目先最後の上げになる可能性もあります。

ただし、世界的には金利上昇により債券価格が下落し、債券投資が見送られる中、株式が選好されるながれはしばらく続きそうですから、明日、明後日に暴落のような下落がくると予想している訳ではありません。

 

 

騰落レシオが高値を付けているあとの上昇

市場関係者の中にも騰落レシオが高値を付けた後にさらに高値をつけている日経平均に違和感を覚えている方も多いようです。

昨年もトランプ大統領の当選で、ドル円相場で101円→118円の円安に動く中、ドルインデックスがあまり上がらないという状況が発生しました。その後は為替相場をやっている方はご存知の通り、ドル円は半値水準の107円台まで調整、ユーロドルはユーロ買いが進むなど、その頃とは逆の動きとなりました。

長い目で異常な力が働いた場合は必ず調整されます。みなさんも違和感が発生していることを念頭に相場をみていってください。

ICOってなに「儲かるのか」「詐欺なのか」

最近何かと話題の仮想通貨。ビットコインやイーサリアムなどが有名で私の周りでも取引している方が多いのですが、最近話題になっているキーワードがあります。

それは「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」なるもの。

これはいったい何なのでしょう。

「ICO」とは

インターネットで検索してみると「企業や団体が「トークン」と呼ばれるデジタル権利証を発行し、その代価としてビットコインなどの仮想通貨を払い込んでもらう。仮想通貨を円やドルに換金し、事業に必要な資金を調達する。トークンは開発した製品やサービスの購入に使える。トークンも市場で流通した段階で取引所などで売買できる。」と記載されています。

意味が分かりませんね。

よくよく読んでみると、まずが「トークン」というキーワードが重要なようです。

例えば「トークン」という言葉を「株式」に変えて読んでみると、「トークン」というのは「未上場株式」に近いもののようです。仮想通貨の場合は株式会社が株式を発行して資金を調達するように「トークン」というデジタル権利証を発行し、資金調達すると考えると、わかりやすそうです。

つまる、「ICO」とは株式の世界でいうと「IPO」に近いもののようです。※厳密には「トークン」が市場に流通していないと株式でいう「IPO」とはことなりますので「未上場株式購入」といった方がいいのかもしれません。

日本でも「ICO」で92憶円をたった2週間で集める

続きを読む

いまさら聞けない注文方法「IFO」「Uターン+W指値」

新規注文と決済注文2パターンを同時に出すことができます。この注文方法がマスターできれば、利食いもストップロスも自由自在に注文できるのですきま時間での取引に役立つこと間違いありません。私も「IFO」注文はよく利用しています。

一回でできる究極の注文方法

この注文を使う場合に決めるポイントは買いの場合「エントリー価格(新規購入価格)」「利食い価格(売却価格)」「ロスカット価格(売却価格)」の3つです。

例えばドル円の注文で円安に動くと予想していたとして、エントリー価格を100円、利食い価格を105円、ロスカット価格を95円とすると以下の3つの注文を同時に出します。

【1】1ドル=100円(エントリー価格)で買いの新規指値注文
【2-1】新規注文が約定した場合を想定して、1ドル105円の利食い価格の決済指値注文
【2-2】新規注文が約定した場合を想定して、1ドル90円のロスカット価格のためのストップロス逆指値注文

100円で購入したあと、1ドル105円になれば、【2-1】の指値注文が発動し、利益を確定させ取引を終了させます。1ドル90円になると、【2-2】のストップ注文が発動し、損切りをして取引を終了させます。

これを自動でやってくれるのが「IFO」注文です。

下手な感情が入らない分、利益を伸ばすことができるかもしれません。

普通に相場をみていると儲かっている時などは早く利食いをしたくなります。逆に損をしていると戻るのではないかと「ストップロス」価格をキャンセルして損を拡大させてしまうなんてこともあるのではないでしょうか。いったんポジションを持ってしまうと目の前で「1万円増えた」や「1万円減った」が見えてしまうと冷静な判断をできなくなってしまいます。
客観的な目線で相場が見られなくなってしまう訳です。相場を客観的に見れるのは「エントリー価格」「利食い価格」「ロスカット価格」を決めた時が一番だったんじゃないでしょうか。突発的なニュースや相場変動がなければ自動的に発注してくれる「IFO」注文に任せた方が私は成績が良いです。

FX取引では一般的だが株式取引では発注が面倒

FX会社が提供している「IFO」注文は1画面または2画面で3つの注文を入れることができますが、株式取引ができる証券会社ではちょっと注文入力が面倒です。

株式で「IFO」注文ができる証券会社としてはカブドットコム証券がありますが、2つの注文方法を組み合わせる必要があります。

それは「Uターン注文」+「W指値注文」です。

注文の流れ

【1】「Uターン注文」で「エントリー価格」で新規指値注文(逆指値でも可)
【2】「Uターン注文」の返済画面で「W指値注文」を指定する。
【3】「W指値注文」に「利食い価格(指値)」「ロスカット価格(逆指値)」を入力し確定

という流れで注文がだせます。

FX取引でもし眠くなったら「IFO」注文

FXでNYタイムは相場が動きます。しかし日本人にとっては睡眠時間の真っただ中。相場は上がりそうだけど「経済指標の発表が朝4時」なんてこともあります。

そういう場合には「IFO」注文でしっかり利食い、しっかり損切り注文を出しておくことが重要でしょう。

朝起きたら資金が増えているか、減っているかは神のみぞしるですが、、、

いまさら聞けない注文方法「IFD」「Uターン注文」「ペア注文」

株やFXの取引をする時に新規の売買と同時に決済の売買注文を発注できるネット証券やFX会社があります(FX会社はほぼ全社で対応していますね)。

その注文方法は会社によって違いますが「IFD」(イフダン)とか「Uターン注文」や「ペア注文」というものです(会社によって異なりますが一般的にはIFD)。

具体的には買い注文と同時にその銘柄の売り注文を予約できるというもので、買い注文が約定すると自動的に決済の売り注文が発注されるという便利な注文方法です。
※二つめの注文は、最初の注文が約定しない限り発動されることはありません。

IFD注文は逆指値を使うと色んなバリエーションができる

IFD注文は1つめに新規の注文、2つめに決済の反対注文を組み合わせで同時に出せる注文方法ですが、どちらの注文にも指値と逆指値が選択可能です

組み合わせを工夫すると色んな場面にも対応できます。

(1)相場がいったん下がって上がると想定する場合

「指値の買い+指値の売り」という注文を出します。

(例)現在の値段が320円の場合、少し下がった「300円で買って、330円で売る」という注文ができます。

(2)相場が上昇局面に乗って利益を狙う場合

「逆指値の買い+指値の売り」という注文を出します。

(例)トレンドに乗って一定の利益を狙いにいくケースです。この図では1ドル=116円になったら買い(逆指値)、118円になったら売り(指値)という注文ができます。相場が予想どおり118円になったら、2円の利益ということになります。

(3)相場上昇局面に乗って新規買いするが念のため損失を限定させる場合

「逆指値買い+逆指値売り」で損切りを確定させてしまう方法で注文を出します。

(例)相場が1ドル=116円になったら買い注文が成約し、同時に1ドル=114円になった場合の売り注文が自動的に有効になります。予想と反した相場の動きがあった場合でも、1ドル=114円になった時点で売りが約定されるので損失は約2円で収まります。

強いて言えば保険のようなものですね。

もちろん四六時中、パソコンやスマホを見ながら取引できれば、臨機応変に対応できることですが、便利な注文方法です。ただし利食いは難しいですから定期的に相場をチェックして注文を修正することも重要です。突発的なニュースが出た時など相場は急変しますからね。

【おまけ】

IFD注文についてもカブドットコム証券のYoutubeにわかりやすい動画(カブドットコム証券は「Uターン注文」と呼んでいる)がありますので、掲載しておきます。是非見てみてください。

 

いまさら聞けない注文方法「OCO」「W指値」「ツイン指値」

ちょっとわかりにくいのですが、株やFXを買った場合、上昇したら指値の売りで利益確定、下落したら「ストップロス」逆指値でロスカットという注文をいっぺんに出す注文方法です。
もちろん株を空売りした場合やFXのショートポジションを持った場合はその逆で下落したら指値の買いで利益確定、上昇したら「ストップロス」逆指値でロスカットという注文になります。

この注文方法はすきま時間で取引している人にはおすすめの決済注文方法です。

会社によって呼び方が違う

おなじ注文方法なのに、会社によって呼び方が違うのでわかりにくくなってしまっています。

FX会社では「OCO」注文といわれていますが、証券会社ではいろんな名前になっています。「なんででしょ??」

証券会社別の呼び方

証券会社名 呼び名
楽天証券 逆指値付通常注文
マネックス証券 ツイン指値注文
カブドットコム証券 W指値
ライブスター証券 OCO注文
岡三オンライン証券 OCO注文

呼び名は違っても同じ注文方法です。FXが強い会社は「OCO」注文と呼んでいるようです。

「OCO」注文はこんな時に使う

カブドットコム証券のHPによると時価700円の手持ち株の売却で「(1)760円の指値注文をだしつつ、(2)株価が680円まで下がったら指値を678円に訂正」といった設定するという具体例が説明されています。

 

 

すきま時間での使い方

株式を購入した時など、逆指値の説明ページでは「ストップロス」の逆指値は最低限注文しておくべきと述べましたが、利食いの指値売りも注文しておけると便利ですよね。

みなさんは株式を購入した時に「いくらくらいまで上がる」と思って購入されているのではないでしょうか。しかし相場はわからないもので思惑通りにいかず下落することもあるでしょう。明確な相場の見通しがあるなら是非「OCO」(会社によっては「逆指値」や「ツイン指値」)を利用してはいかがでしょうか。

でも、「OCO」注文を出しているからと言って安心しきっていてはいけません。

せっかく思惑通りに値上がりしたのに利食いの指値に届かず、相場が下落して「ストップロス」の逆指値がついてしまうこともあります。

資産運用において実は利食い(決済)が一番難しいと言われていますので、一日一回くらいは、その人株式の値動きをチェックして指値と逆指値を修正していくことをお勧めします。

【おまけ】

カブドットコム証券のYoutubeにわかりやすい動画がありましたので掲載しておきます。わかりやすいので時間があればご覧ください。

 

いまさら聞けない注文方法「逆指値」「ストップロス」

株式やFXの取引の注文方法としては、成行(なりゆき)「MO(マーケットオーダー)・FXでは2WAYやストリーミング」のように今の値段で売買する注文方法や、指値(さしね)注文のように、「いくら以下なら買い」「いくら以上なら売り」という値段を指定して注文する方法がポピュラーですが、デイトレーダーでなければそんなに相場なんて見ていられません。

忙しい方はたまたま見た値段で購入してもそれは単なる博打のようなものです。

そんなすきま時間で取引する方々に便利な注文方法が色々あります。その一つが「逆指値」です。

逆指値とは

逆指値とは指値の逆という意味。指値は「いくら以下なら買い」「いくら以上なら売り」という値段を指定して注文する方法ですが、逆指値は「いくら以下なら売り」「いくら以上なら買い」という逆の値段を指定して注文する方法です。

この注文方法は方向性がわかりにくい時などでも「いくら以上になってきたら上昇トレンドになって買いかな」と思う場合などに使える注文方法です。「逆指値注文」である値段まで上昇したら買いという注文をしておけば、自動的に注文を執行してくれるという便利な注文方法なんです。

逆指値の主な利用法3つ

続きを読む

【衝撃】神戸製鋼対象のEB債、株価急落で発行1ヶ月でノックイン

発行されたばかりの神戸製鋼所対象のEB債が、ノックインでいきなり利率が年率0.5%、さらに元本割れの可能性大

驚きのニュースがかけめぐりました。購入した投資家さんは気の毒として言いようがない事態が発生。

某証券会社が今年夏に売り出された神戸製鋼所株対象の他社株転換条項付円建て債券(EB)が、発行後1カ月でノックイン事由の発生してしまいました。これはアルミ・銅製品の検査データ改ざん問題を受け株価が急落したための2次災害です。

このEB債は、受け渡し日の17年9月11日から3カ月ごとに6回、利払日が設定されていて、利率は当初3カ月は年7.00%(税引き前、3カ月後は株価が利率判定価格を下回った場合0.50%)、設定された期間中に一度でも株価がノックイン価格(神戸鋼株の9月11日終値(1333円)を25%下回る999円)を下回った場合、最終評価日に株価が転換価格未満であれば、株式に転換される(または現金調整額で返還される)仕組み。利率は高いが、株式転換時に含み損を抱えるなどのリスクも高い金融商品なんです。

EB債などの仕組債は怖いですね。 

売出期間中に、神戸製鋼所の経営陣がデータ改ざんの問題を知っていたという事実

日本経済新聞によると、神戸鋼の経営陣がデータ改ざん問題を巡り、現場の管理職から報告を受けたのは8月30日。公表まで1カ月以上の時間を要した。「投資するかどうかは自己責任だが、売り出し期間中に神戸鋼が何らかのアナウンスメントを行っていれば、販売中止の可能性もあったかもしれない」(別の国内証券)との見方も出ている。

これはひどい。確かにEB債の発行は商品を作る会社が、対象証券を決めるだけでしょうから神戸製鋼所に確認していたかも疑わしく、また確認したとしても問題を把握している経営者がなんらかのアクションを起こさないと販売している証券会社には情報が伝わることはないのは想像がつきますが「本当にタイミングが悪すぎる」としか言いようがありません。

仕組債の購入は細心の注意が必要

このEB債もそうですが、仕組債という商品は、一見魅力的な売り文句があります。また債券という名称なので安心感を感じてしまうものです。これがワナなんですね。

今回の神戸製鋼所対象のEB債は利率が年率7.00%という魅力的なレートがついています。ただし、それだけ有利な利率がつくにはそれなりのリスクもあり、その利率をもらい続けるには神戸製鋼所の株式が999円を下回らないという条件でした。

これは単純に神戸製鋼所の株価を現証券としたオプションを募集した資金でポジションを取っているだけです。オプション(ノックアウトオプション)から入る収入を利率として分配しているだけで、もしノックインしたらリスクは購入者がすべて被るという設計になっています。ノックアウトオプションは個人では購入するのが難しいので仕組債という形で提供されているのですが、実際のオプション料は年率10%は超えるのではないかと推測しております。

もちろんノックイン価格を下回らなければいい商品ということになりますが、実際はオプションを持っているのと同じことと思って購入した方が良いですよとアドバイスさせていただきます。

神戸製鋼不正 関連記事をまとめてみました。

神戸製鋼不正記事まとめ

10/8に発覚した神戸製鋼所のデータ改ざん問題をまとめてみました。
昨日はストップ安、10/11にやっと売買が成立しましたが、予断を許さない状況の様です。

なんせ、問題発覚から次々と不正が明るみに出てきています。

毎日新聞

神戸製鋼不正  JR東海社長「極めて遺憾」10/11 19:59

神戸製鋼不正  自動車リコールなら打撃 費用請求の恐れ 10/10 22:33

産経新聞

【神戸製鋼データ改竄】広がる不正、検査サービス、鉄粉も 12日に川崎博也会長兼社長が経産省で経緯報告 10/11 21:04

【神戸製鋼データ改竄】神戸製鋼、鉄粉でもデータ改ざんの疑い 10/11 12:17

【神戸製鋼データ改竄】ダイキンはエアコン、JR西は新幹線「N700A」でアルミ使用 阪急、パナ、関電も… 10/11 07:36

日経新聞

神鋼会見「DVD材料でも品質データ改ざん」 国内外の全グループが調査対象に 10/11 21:43

神鋼、鉄粉の品質データ改ざん 子会社でも契約違反  神鋼が発表 10/11 19:31

神鋼子会社も検査データ改ざん 半導体材料で 10/11 13:30

MRJ・ボーイング・新幹線… 神鋼、部材改ざんの影響大  トヨタも採用「車両への影響、早急に確認」 10/8  19:14

神戸製鋼副社長「改ざん、10年近く前から」 一問一答   管理職も把握、組織ぐるみ認める 10/8 18:33

神鋼のデータ改ざん、法的にどんな問題(Q&A)10/11 14:30

NHK

神戸製鋼 新たな検査データ改ざんが発覚  10/11 21:08

神戸製鋼 鉄粉でも改ざんの疑い  10/11 16:43

新幹線の部品にも 神戸製鋼のデータ改ざんで影響広がる 10/9 18:26

10/11に株価は売買成立したが、株価はどうなる

10/8に発覚した不正データ問題。連休中でもあったため、株の取引は10/10からとなったが売りが殺到し、1368円からストップ安の1,068円まで売られましたが大量の売り注文を残しました。その翌日10/11に888円で売買スタートし、一時914円まで戻すもまた売り物に押され、800円台後半の攻防となりましたが、引続き悪材料が出てきているので、まだ下げ余地がありそう。

10/11の引値は878円。

今後の展開を予想

神戸製鋼は「安全性に問題ない」と主張しているようですが、納入先のJR東海は「製品はJIS規格を下回っていた」などとどっちが本当のことをいっているのかわからないのが現状です。

今後神戸製鋼所に対し、納入先の各企業は損害賠償訴訟をおこしていくでしょう。各企業としてはなにもしないと「株主」から「株主代表訴訟」を起こされかねないのですから、避けられない展開です。

また米国企業からの訴訟もあるでしょう。最近では「タカタ」が記憶に新しいですが、賠償金がとんでもない金額になるということも考えられます。

また経営陣に対しても「オリンパス」のように株主代表訴訟や「東洋ゴム」のように不正競争防止法違反(虚偽表示)で刑事告訴という展開も考えられます。

問題は長引きそうです。

日経平均終値2万0881円 21年ぶりの高値更新でどうなる 

日経平均が高値更新

10月11日、日経平均が21年ぶりの高値を更新しました。

アベノミクスが始まって2015年2年間超えられなかった終値ベースの20,868円を超えて20,881円で取引終了。この2年間、超えそうで超えなかった数値です。

途中、チャイナショックやブレクジットなどもあり、15,000円を割り込むこともありましたが、晴れてこの日を迎えました。

ですが、いまいち過熱感がありません。

本日は売買代金もあまり増えてなく、活況といわれる3兆円には遠く及ばず、2兆円そこそこ。

日経平均が高値更新しているのに、株式全体だと値上がり銘柄数より値下がり銘柄の方が多いという不思議な感じです。

 

日経平均の高値更新は単なる通過点か。

市場関係者のコメントを読んでいると、目先21,500~22,000円を目指す動きの途上であるため、盛り上がらなくとも問題ないという発言が目立ちます。

確かにまだ北朝鮮リスクは継続しており、衆議院総選挙前、また企業の第2四半期決算発表が10月中旬から始まることを考えると「お祭り」のように買うのもどうだか、、、ということだろうか。

2015年6月と2017年10月で大きく異なることは

今日更新した高値は2015年6月につけた20,868円。当時と今では為替の水準が大きくことなります。2015年当時のドル円レートは123円台でしたが、今は当時より10円以上円高水準なんです。円高水準にも関わらず、企業業績が好調で、今の水準でもPERは14倍台。他国と比べてもまだ割安といっていい水準なんです。円高にも関わらず、16年度の法人企業統計では経常利益が前年比9.9%増。今年(17年)度もさらに伸びる見通しですから、もし為替が大きく円安に動くようなことがあれば、さらに上昇が期待できるんですよね。

私の意見としては

北朝鮮リスクについては依然として警戒が必要であるが、衆議院選挙については波乱なく自公連立が続きそうであるし、企業の決算についても、為替水準が想定為替レートの中心である1ドル=110円を超えており好決算が見込まれる。ということを考えると私は十分に買えるタイミングにあるように思えてならないのです。

そろそろ株式市場に関心が向くことを期待して、勝負してみるのも面白いタイミングかもしれません。

なんせニュースなどで取り上げられる機会が増えそうですしね。

ちなみに私は買い推奨しているわけではございませんので、投資は自己判断で何卒よろしくお願いします。

ビットコイン高値更新目前でも2017年の税金には注意

間違いなく2017年の大ヒット金融商品

何かと話題になるビットコイン。

ビットコイン分裂問題や中国が仮想通貨取引所を閉鎖させたなど、悪いニュースはクローズアップされますが確実に価値はあがっています。

日本でも改定資金決済法で仮想通貨は「もの」ではなく「支払手段」と定義されるようになり、2017年7月から仮想通貨の取引に消費税がかからなくなりました。

また、2017年9月には金融庁がビットコインなどの仮想通貨の取引所など11社を「仮想通貨交換業者」として初めて登録制で認めるなど、確実に地位が向上してきています。

価格も2017年1月は1ビットコインが10万円以下だったのに、2017年9月には50万円を超え、いったん下落後また高値更新をしそうな勢いで価値を上げています。

みなさまのなかにはビットコインで大きな利益を上げている方も多いのではないでしょうか。

今年の1月に100万円分購入していたら400万円くらいの利益を上げているのですから、間違いなく今年の大ヒット金融商品だと思います。

なんせ、証券会社や運用会社の社員さんなんかも結構流行っているんです。まだ株式などと違い、業界関係者への取引規制がされていないので自由に取引できることが最大の理由なのかも知れませんが、仮想通貨の可能性を感じて高額な投資をされているなんてかたもいます。もうサラリーマンの年収を大きく超える収入を得てるのではないかと。

ですが、注意しなければいけないのが税金なんです。

仮想通貨の売買益は雑所得

続きを読む